ローンの申請はしばらく無理

Uncategorized

住宅ローン申請をしてみるとどうなるかといえば、利用できないことになっています。
借金の整理を行った場合、今後、数年間は、お金をどうやっても借りられなくなって、信用情報に載ってしまうことになります。利用したいと思った場合でもそれなりの時間をおいてみましょう。借金の整理は、抱えきれない借金を整理でき、新しいスタートを切るのに有効な手段ですが、手続きが終わるまで数ヶ月は見ておかなければいけません。

長い期間ですから、この間にお金を借りる必要が出てくるかも知れません。

でも、この期間にまた新たに借金をするようなことはしないでください。
新たな借りたお金の事実が伝わってしまうと、裁判での風向きが変わり、減額の許可が下りなくなったりする可能性もあるのです。事故情報の記録が信用機関に残っている期間は、ざっと5年程というのが通説です。個人の金融情報を金融業者が分かち合うために存在する機関が信用機関です。 ローンやクレジットカードの審査時、ここから金融業者は個人情報を収集しています。
つまり、債務整理をしてから少なくとも5年の間は住宅ローンを組もうとしてもかなり困難だと言えるでしょう。債務整理を思い立った人は、注意しましょう。債務整理の中でも特に、個人再生、あるいは任意整理というものは、お金を借りている債権者の同意を得る必要があります。まず、任意整理では、対象となる債権者を選択し、それぞれに同意を得ながら任意整理を進めていきます。 けれども、強制力はありませんから、交渉を拒否する債権者が出る場合もあります。

個人再生のケースでは、全ての債権者を対象にしますが、過半数の債権者が反対にまわった場合、個人再生は不許可となります。
借金苦脱出 もう返済に悩まない方法|借金解決ナビ